秋の日のヴィオロンのためいきのなんとか

ヴァイオリ二スト井阪美恵のブログ

Voyage à Paris ②

滞在2日目は、朝からモンマルトルに行ってきました!

f:id:mieisakavn:20180201140448j:plain

ホテルの最寄駅からメトロに乗り、一回乗り換えて2番線に乗ってAnversで下車。

そこからは、お土産屋やパン屋をひたすら無視して丘を登ります。

f:id:mieisakavn:20180201140900j:plain

途中で謎のミサンガ売りに付きまとわれ、「ノンメルシ」って7回くらい言いました。ホテルのセキュリティがかなり微妙だったため、楽器を背負っていたのですが、サクレクール寺院で手荷物検査が。屋根のない寒空の下での手荷物検査です。当然楽器ケースも開けるように言われ、「高価なものだから丁寧にしてください!」って言ったのに、金属探知機を駒や指板にガチャガチャ当てられて、イライラはマックスに。せっかく教会に来たのに、入る前に気分は最悪。日常生活において、日本が如何に丁寧で、教養が隅々まで行きわたっている国か、再認識しました。

とりあえず、その気持ちを鎮めるためにも教会内部へ。

まずは入って左側。

f:id:mieisakavn:20180201142144j:plain

 ステンドグラスと壁画と彫刻です。

f:id:mieisakavn:20180201183807j:plain

ここは天井も素敵。

正面から見るとこんな感じです。

f:id:mieisakavn:20180201183920j:plain

サクレクール寺院を見た後は、徒歩でオペラ座あたりまで歩きました。地図を見ないで歩いていたのですごく遠回りをして、結局1時間以上かかって8区へ。

そこで突然うどんが食べたくなって、昔よく食べに行っていた国虎屋に行ってきました。場所がちょっとだけ変わっていました。前はサントノレ通りにあったはず。

f:id:mieisakavn:20180201185954j:plain

うどんとおにぎりと豚カツというモリモリなランチ。完食しました。

そのあとは、懐かしいスーパーへ。スーパーの中では一番店内が綺麗で生鮮食品も腐っている率が低い(と思われる)MONOPRIXでワインやチョコレートを買い込みました。スーパーに行くと,、住んでいたころのことを沢山思い出します。料理するのが面倒な時に買っていた不味い冷蔵食品とか見ると、悪い思い出が湧いてきたり。今だったら絶対に食べられないであろう物を平気で食べていた二十歳の頃。それでも焼き立てのバゲットが美味しいので、それ以外が微妙でもなんとかなっていたパリごはん。今回パン屋でバゲットを買わなかったことは大後悔です...

そして夜は...桐朋の同級生のピアニストに会ってきました!7年ぶり!!

パリ地方音楽院やパリ管の合唱団のピアニストとして活躍中のサルマヨ。

f:id:mieisakavn:20180201231910j:plain

高校ではクラスが一緒で、一緒に色々弾きました。一番印象に残っているのは、高校2年の終わりごろに石井志都子先生門下のコンチェルト会(コンチェルト一つ選んで全楽章弾く会)でプロコフィエフのヴァイオリンコンチェルト2番を弾いたときです。学校の練習室で二人でリハーサルしながら、本当に意味不明なイマジネーションを膨らませ(高校生あるある)、些細なことで笑い転げ(高校生あるある)、しょうもないことを真剣に悩み(高校生あるある)、ポエティックな言葉を楽譜に書き込んでいました。笑

懐かしすぎる…!!

そんな彼女が今パリでコレペティとして活躍していることが、本当に本当にうれしかったです!!

 

オマケ:下の写真から、猫を探してください

f:id:mieisakavn:20180201191609j:plain