秋の日のヴィオロンのためいきのなんとか

ヴァイオリ二スト井阪美恵のブログ

Voyage à Paris ①

先週、4泊6日のパリ旅行に行ってきました。

1年10か月ぶりのヨーロッパ!

f:id:mieisakavn:20180125002755j:plain

ロシア上空の景色が大好きです。(というか、ロシアが好きです。)

午後4時半ごろシャルルドゴール空港に着陸したのですが、そこからモタモタと荷物が出てこない。結局スーツケースを受け取れたのは1時間後で、そこから楽器背負ってスーツケース転がして空港駅までダッシュ

RERとメトロを乗り継いで、大慌てでパリ市内のホテルに荷物を置いて、着替えをして、開演ギリギリにオペラ座に滑り込みました。

f:id:mieisakavn:20180125003127j:plain

この日の演目はヘンデルのオラトリオJephthaでした。
英語の歌詞で、字幕は英語とフランス語。オーケストラと合唱は、Les Arts Florissants.

公演の詳細はこちら。

www.operadeparis.fr

本格的な古楽のコンサートは初めてで、しかもそれがオペラ・ガルニエという幸せ!

f:id:mieisakavn:20180125215921j:plain

ストーリーは本当にどうでもいい感じ(退屈なうえに、何を言いたいのか全然わからない)でしたが、曲が本当に綺麗でした。歌も器楽も柔らかくて、気持ちよくて心地いい時間でした。健やかな気分になる、居心地のいい音、というのに久しぶりに触れた気がします。

この時代の歌の作品を聴いていると、なぜかルネサンスの宗教画が頭に浮かびます。曲が書かれたのは17世紀なのに、頭に浮かぶのはボッティチェリとか15世紀あたりの絵画です。

そもそも、絵画でも小説でも音楽でも、作品を作った人が生きていた時代とその作品の舞台になる時代が全然違うことも多いし... 頭は常に心地よく混乱しています。

f:id:mieisakavn:20180125220047j:plain

この日は終演したのが23時ごろだったので、ホテルに帰ってばたんきゅー、でした。

それにしてもオペラ・ガルニエは本当に美しくて大好きです。

一歩外に出ると、スリとか不審な人がたくさんいる現実に引き戻されますが...