秋の日のヴィオロンのためいきのなんとか

ヴァイオリ二スト井阪美恵のブログ

体内年齢18歳になりました

f:id:mieisakavn:20200706112137j:image

写真はホームメイドのしそジュースと
バナナ、ブルーベリー、ヨーグルトのスムージー
最近ヘルシーな飲み物を作っています🍹

そのおかげか、タニタの体重計曰く
体内年齢が18歳になりました💪🏻✨✨✨

子どもが起きると全然練習できないので
とても貴重な朝の練習時間。(今休憩中)
来月から演奏のお仕事も少しずつ始まるので
毎朝きちんと練習しています。

毎月10公演くらいの本番があった生活が
一変してはや数ヶ月。
体の調子も良く、
いつでも舞台に戻る準備は出来ているけれど
コロナが長引く限り、なかなか舞台に戻れない。
時々悲しくなるけれど、
娘のおかげで毎日が明るく楽しいです。
それでもやっぱり、
「本番が日常」の生活に戻りたい...

ポジティブとネガティブについて思うこと🐰

今日は、珍しく心のうちを少し。

コロナウイルスで世の中がひっくり返りそうになっている今、いろんな人のいろんな言葉を耳にしたり目にして思うことがあります。

よく、批判ばっかりするのは...と言う人がいるけれど、批判するべき内容の場合は批判した方が良いと思うのです。
どんな物事でも、より良くするには今ある問題点を見つけなければ始まらない。
これまで、それなりに頑張って楽器に取り組んでる生徒たちを見てきたけれど、上達する人は常に「ここが納得いかない」、「ここが綺麗じゃない」、「もっと音程良くしたい」、「もっと良い音があるはず」、「今のままで満足できない」という一見ネガティブ思考な人たち。
逆に、「私まあまあできてると思う!」「注意されるより良いところを褒めてほしい!」「ここは良くできたから満足!」という自己満足ポジティブな人は、残念ながら全く伸びないです。(ヴァイオリンの場合特に。)
悪いところに目が行く人ほど悪いところが減るし、細かいことが気になる人ほど綿密で繊細な演奏が出来るようになる。
日常でも、問題点によく気付く人は色んな面でどんどん成長していく。
最近思うのは、「欠点を直すのが楽しい♥️」というのが本物のポジティブで、「欠点なんて見たくない聞きたくない知りたくない、今幸せ、現状で満足!」っていうのは究極のネガティヴなんじゃないかと...

そんなことを思った週末です。

チャリティーCDの発売

日本を代表するテノール歌手 村上敏明さんによる、全国のプロオーケストラへの寄付を目的としたチャリティーCDが今月発売となります🌷

CDの売り上げの20%、寄付金につきましては100%を全国のプロオーケストラ約20団体に直接寄付を致します。

私は5曲(のうち1曲はソロ)参加しています。
たくさんの方に聴いていただければ幸いです。

詳細はこちらよりご覧いただけます↓

村上敏明 チャリティーアルバム 2020

https://www.iltenoremurakami.com/charityalbum2020

f:id:mieisakavn:20200511082448p:image
f:id:mieisakavn:20200511082459j:image

動画レッスンについて

しばらくの期間「動画レッスン」のみ受け付けます。(通常の個人レッスンは8月を目処に再開予定です。)

​オンラインで行うリアルタイムのレッスンではなく、生徒さんに演奏動画と楽譜の画像を送っていただき、数日以内に細かなアドバイスを返信するシステムです。

①アドバイスを書き込んだの楽譜のみ返信(必要な場合、別紙に練習方法など細かく記入して添付します)
②アドバイスを書き込んだ楽譜+解説動画を返信
いずれかをお選びいただけます。

​動画の送受信の方法は、LINEなどを検討しています。

 

詳しくはこちらをご覧ください!

https://www.mieisaka.com/violin-lessons

水彩画

今、世界中が大変なことになっています…

言いたいことは沢山ありますが、書きません。

ただ、自分より困っている人に対して冷たい態度をとる人間にはなりたくない。

今いちばん思うことはそれだけです。

オンラインレッスンの環境がまだ整っておらず、レッスンもできないので、絵を描いたり手紙を書いたり、お散歩したり、料理したりして過ごしています。

f:id:mieisakavn:20200411114106j:image
f:id:mieisakavn:20200411114102j:image
f:id:mieisakavn:20200411114050j:image
f:id:mieisakavn:20200411114055p:image