秋の日のヴィオロンのためいきのなんとか

ヴァイオリ二スト井阪美恵のブログ。ほぼ1か月ごと更新。

5月の話

今月初めは、桐朋の同級生で3月末にウィーンから帰国したばかりのピアニスト、南部由貴ちゃんとドビュッシーのヴァイオリンとピアノのためのソナタを演奏してきました。秋篠音楽堂室内楽フェスタ賞というのも頂きました!ありがとうございました!

https://www.instagram.com/p/BToIeG9gZiR/

ドビュッシーのヴァイオリンソナタは彼の晩年の作品なのですが、晩年といっても54~55歳です。おじいちゃんではありません。この頃のドビュッシーは、家庭もぎくしゃく、借金もある、大腸癌、世の中は第一次世界大戦真っ只中、友人が戦死し、創作意欲も湧いてこない、という壮絶な晩節。そんな状況の中、100年前の5月に作曲者自身のピアノ、ガストン・プーレ氏(ジェラール・プーレ先生のお父様)で初演されています。

4月末からの一連のコンサートが落ち着いたので、京都府立図書館へ行ってきました。

https://www.instagram.com/p/BTvnDFUAreJ/

秋に予定しているリサイタルでフォーレ後期の作品を弾くので、とにかくフォーレについて知ろう!ということで、沢山の本を書庫から出していただきました。サンサーンスフォーレの書簡をまとめた本が本当に面白くて、一気に読みました。手紙を読んでいると、すごく身近な人間のような気がしてきます。

そして、5月20日は島村楽器グランフロント大阪店の弦楽器フェスタでした!

f:id:mieisakavn:20170531182537j:image

プログラムはこち

f:id:mieisakavn:20170531214109j:image

盛りだくさんなプログラムに、今年完成されたイタリアの新作楽器2挺とGiovanni Battista Morassi(一番有名なモラッシーの甥っ子さん)の楽器の弾き比べコーナーなどもあり、とても楽しい企画でした!

f:id:mieisakavn:20170531134515j:image

素敵な機会をいただき、お客様もたくさん来ていただき、とても楽しかったです。島村楽器の社員の皆様の音楽に対する情熱も凄くて、沢山の刺激を受けました!本当にありがとうございました。

そして最近ジョギングをしています。日本の暑い夏を乗り切るために体力をつけておこう大作戦です。続くといいな。